会員制美髪サロンLIBERTY

トリートメントやオイルのつけすぎが逆効果に。皮膜蓄積した髪は逆にごわつく。

約 1 分
トリートメントやオイルのつけすぎが逆効果に。皮膜蓄積した髪は逆にごわつく。

会員制美髪サロンLIBERTY(リバティー)です。

髪の毛キレイにしたいなと思った時、皆さんは何をしますか?美容室に行くという人もいれば、ドラッグストアで髪に良さそうなトリートメントやシャンプーを買うという人もいると思います。

お店でトリートメントやオイルを選ぶ際、何をもってその商品を選んでいますか?その商品は本当にあなたの髪の毛にいい効果をもたらしてくれますか?ただ、なんとなくキャッチコピーに惹かれて買っていませんか?

もしかしたら、その商品選びがあなたの髪の毛をかえって悪くしている恐れがあります。

今日はアウトバストリートメントのお話です。

その前に当サロンの事知りたい方はこちら。

会員制美髪サロンとは?

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントはつけるべき?

これは、一概につけたほうがいいとは言えません。

なぜかというと、髪の毛にコーティング材=皮膜が蓄積するからです。

蓄積すると何が良くないかというと、髪の毛自体がキレイな状態だとしてもシャンプーなどで皮膜の一部が剥がれることによりごわつき、軋みが出てしまうためです。そうなると、さらにトリートメントを足してキレイな髪の毛にしたくなる。

結果皮膜が蓄積しすぎて髪の毛がベタッとした状態になったり、ボリュームが出なくなったりしてしまう原因となります。

また、蓄積した皮膜はシャンプーで簡単には取れません、特にサロンシャンプーを使用している人は洗浄力がマイルドなため取れず蓄積します。

アウトバス系のトリートメントはシリコーン皮膜のため結構な量が残留してしまいます。

残留したオイルなどは酸化し、嫌な臭いや質感の低下が起きるのです。

これなら使用しないほうがよっぽどいいという場合もあります。

アウトバストリートメントやめるという選択肢もあり!

カラーやパーマしているわけではないのになぜか調子が良くない。という方は、今しようしているアウトバストリートメントを一旦やめてみるという選択をしてみてもいいかもしれません。

そもそも何の為にアウトバストリートメントをしているかというと、ドライヤーの熱から髪の毛を守る為です。

これに関しては、乾かし方でもカバーできるし、そもそも温度の低いドライヤーをしようすればいいという話でもあります。

乾かし方の動画

復元ドライヤー

一つ一つ何の為にやっているかを改めて見直してみるのもいいかと思います。

美髪サロンからの推奨

当サロンがオススメするのは、オリジナル開発したトリートメントの効果を底上げする”ブースターオイル”をお風呂でトリートメントに混ぜて使用する方法です。

(ブーストオイルは近日中に詳細発表します)。

こちらのオイルは、スキンケアで言うところの導入液やブースターのような効果を発揮します。

また、オイルが髪の毛に残留しすぎることの無い成分設計で作られています。

大体のオイルが水で薄まっているのに対し、当サロンのオイルは水を一切使用していないので濃度が濃く圧縮されています。

洗い流すので残留しすぎることも無い。

髪にいい事づくしのヘアオイルなのです。天然野菜のエキスも配合し栄養満点です。

オイルの詳細はまた記事にしたいと思います。

必要なものを髪に与える

これが一番美髪に大切な事だと感じます。

なんとなく良さそう!ではなく、何がどういいのか?なぜそれを使っているのか?アウトバスに限らず、シャンプーやトリートメントもちゃんと選んで使うと言うことが必要だと思います。

そうすればキレイな髪の毛は手に入る。

一つ一つ見直して改善していきましょう。