縮毛矯正を失敗する原因とは?|豪徳寺の美髪になれる美容室

約 1 分
縮毛矯正を失敗する原因とは?|豪徳寺の美髪になれる美容室

豪徳寺の美髪になれる美容室LIBERTY(リバティー)です。

今日は縮毛矯正の失敗の原因の話です。

 

くせ毛に悩んでいる方多いと思います。くせ毛を直したくて美容室に行ったのに髪の毛ただ傷んで伸びずに終わった。

 

また、毛先チリチリになってしまった。

などと言う人いるのではないかと思います。失敗の原因は何か?そしてなぜとても痛むのか?

どうすればいいか?と言うことを書いていこうと思います。

 

縮毛矯正の失敗の原因

豪徳寺の美髪になれる美容室LIBERTY(リバティー)が考える縮毛矯正の失敗の原因は大きく分けて2つ。

一つは美容師の薬剤選定ミス。もう一つは、そもそも過度のダメージを受けすぎていると言うことです。

 

①美容師の薬剤選定ミス。

縮毛矯正の薬も種類があって、髪の毛が柔らかい人はこれ、硬くて太い人はこれ、など色々選定する必要があるのです。

それに加えて、カラーやパーマなどを過去にしているともっと複雑になります。

根元はこの薬で、中間はこの薬、毛先はこの薬を使って、、、などと言う事になります。

 

あと、もっとも大事な事ですが、そもそも普通の美容室に縮毛矯正をしにくる人の絶対数が多くない。

美容師のスキルアップは絶対的に経験値です。いろんなパターンの髪の毛を対応し幅が広がっていく。

だから美容師さんもそんなに経験がないのです。

 

行くならそれを専門にしている美容室や美容師さんにやってもらう。

これが一番いいと思います。専門でやってるため、経験値も知識も技術もレベルが高いからです!

 

 

②そもそも過度のダメージを受けすぎている。

縮毛矯正の薬は劇薬です。だって髪の毛の結合を一度破壊するのですから。

その結合を破壊する前に、そもそも髪の毛が過度のダメージを受けていたら?

何も起こらず、ただ髪の毛を傷ませるだけなのです。

 

髪の毛の耐久性がない状態では、何をやっても意味がありません。

だから、大切なのはいかに傷ませないで施術できるか?と言う事。

 

縮毛矯正で痛む原因を知りたい方は過去のこちらの記事をご覧ください。

 

 

髪の毛は減点方式

髪の毛は”死滅細胞”と言う最初から死んでいる細胞です。

自己再生することはありません。だからこそ、痛ませないと言うことがとても大事です。

 

通常の縮毛矯正ではダメージが大きいので、豪徳寺の美髪になれる美容室LIBERTY(リバティー)ではアイロンを使わない縮毛矯正の進化版・ストレートエステを採用しています。

【ストレートエステの特徴】

・髪の毛のダメージ軽減を追求

・従来の縮毛矯正とは違い自然なストレート

・根元ストンとならずふわっと仕上げることが出来る

・毛先自然な丸みをつけれる

 

とにかく自然な仕上がりになるのです。

 

 

美髪にするために大切なこと。

それは、いかにお客様の体の一部である髪の毛を痛ませないか?

と言う事と、本当に必要な栄養分を入れ込む事。

 

です。いつまでもキレイな髪の毛のままでいれるようにお役に立ってまいります。

 

 

豪徳寺の美髪になれる美容室LIBERTY(リバティー)。