美容のプロフェッショナル|真の美容師の在り方とは?

約 1 分
美容のプロフェッショナル|真の美容師の在り方とは?

豪徳寺の美髪になれる美容室のこうぐちです。

先日発毛のプロフェッショナルの方とお話させて頂いて感じた事。

その道で研究、試行錯誤されてかれこれ30年になる方とお話させて頂いて気付きがたくさんあったのでシェアさせていただきたいと思います。

 

知識も技術もこだわりも、想いも一流。

これがホンモノだなと感じる事が多く、感心する事ばかり。

 

中でも最近の主流と言われる、薄毛のお薬による治療は根本的に違うという事。

表面的な対処ではなく、元を取り除く事の重要性。お金ではなく、結果にコミットされ、追求していく事。

その姿と在り方から美容師に必要な事が少し見えました。

 

 

そもそも。

美容師とは何屋さんなのか?

かっこいい髪型にする人?おしゃれなカラーにする人?扱いやすい髪の毛にする人?髪の毛の専門家?髪の毛をキレイにする人?。

 

一言で美容師と言っても人それぞれ目指すものは違うと思います。

自分は目の前のお客様に何を提供して幸せと感じるか?それを把握し、追求していく事が大切な事だなと感じます。

 

何を大切にしていくか?

美容師としてやっている人も、これから美容師になっていく人も今一度自分は何が好きなのか?自分は何をしている時が楽しいと感じるのか?何が自分の幸せか?考えてみるといいかもしれません。

 

 

結局何を積み重ねていくか?

人生何を積み上げていくか。

 

結局これを決めて積み木のように積み上げていく事が、大きな事を成し遂げる為に必要な事。

 

 

小さなことの積み重ねがいつしかとんでもなく大きなものになっている。

過去を振り返ればそのような経験をもうすでにしているのではないでしょうか?

 

学生の頃受験勉強していた事にせよ、部活で一生懸命練習していたことにせよ、趣味に没頭していたことにせよ、好きで楽しくてやってた事かもしれないし、目的のために歯くいしばってやっていた事かもしれないけれど確実に一つ一つ積み上げてきたものがあるはず。

 

社会人になってもそれは同じで、一つ一つ積み上げていくこと。

小さなこだわりでも時間をかけるとそれが大きな差となる。微差が大差ってやつです。

 

自分が信じた道をただ突き進んでいく事。楽しみながら積み上げていく事。大事にしていきたい考え方です。

 

 

ライフデザインプロデューサーという道

美容師は、お客様の一生に寄り添っていける仕事。

月に1回お会いする方なんて友達よりも会う時間長いかもしれないくらいです。

 

生きていれば悩む事もたくさんあるかと思います。

ステキなパートナーがいなくて焦っている人もいるだろうし、転職を考えている人もいるだろうし、これから進む方向性が分からなくなっている人もいるだろうし、老後の生活どうしようかと悩んでいる人もいると思います。

 

生きていれば悩みだらけ。

悩みを解決できる方法があれば、、その可能性があればなと感じている人いると思います。

 

どうやったら解決できるのか?

 

それは、その道のプロフェッショナルに話を聞いてみる事です。

 

どうにもならない、解決しないことなんて僕は一つもないと思います。

自分が解決できなくても、解決できる人が必ずどこかにいる。

 

人と人を繋ぐ事で、循環を生む事でみんな幸せになる。

 

そんな世の中にしたいと思った時に、美容師はお客様のライフデザインをする人になれると感じました。

 

”悩みを持った人”と”悩みを解決できる可能性のある人”のご縁をつなぐ事で、何かが生まれるかもしれない。

 

そう思い美容室のお客様には、人を紹介しています。

美容室という空間、自分という人間がキッカケで何かが生まれたら最高だなと思います。

 

 

美容師として、髪の毛をキレイにすることはもちろん、人の人生にとことん寄り添っていける人間になっていけるように毎日がんばります。

 

 

豪徳寺の美髪になれる美容室 代表 こうぐち。