スタイリストなりたてだから自信がない。という人へ。

約 1 分
スタイリストなりたてだから自信がない。という人へ。

今日は自分自身も感じていた事を書いていこうと思います。

僕自身は、美容学校を卒業して1年3ヶ月でスタイリストになり、半年そのお店でスタイリストをやって辞めました。

売上はどうだったかというと、全然伸びませんでした。

毎月お客さん呼ばないと。

と焦ってばかりで対して結果も出ず、フリーのお客様も入れなくなり、辞めました。

 

その当時は自信がなく、自分の存在理由すら分からないという状況にまでなっていた。

その時のことを考えると自分はまだまだ未熟だったなと思う。

 

その当時の事をまとめてみる。

 

今振り返って思う、何が未熟だったかという点。

大きく分けて3つ。

 

1.自己中、今来てくれているお客様にフォーカスしていない。

2.出来ていない部分ばかりを見ている。

3.自分の明確なウリを持っていない。

 

 

自己中、今来てくれているお客様にフォーカスしていない。

その当時新規のお客様をとにかく増やしたい。

そう思ってやっていた。しかし思うように結果が出ず落ち込む。

その状態で接客をする。

いま来てくれているお客さんにまでも悪影響を及ぼす。

という負のスパイラルに陥っていたように思う。

 

いま来てくれている人をこれでもかってくらい大事にする!

目の前の人を大事にする。そこをおろそかにしてはいけない。

必ずあなたのどこかに惹かれて、いいなと思って来てくれているわけだから、そのお客様に対して誠実に向き合わないとダメ。

いきなり増えることはない!

でも一人一人を大事に誠実に対応していったら必ず雪だるま式にお客様は増える。

そう信じること。

 

 

出来ていない部分ばかりを見ている。

いろんなお客様がくるから、もちろんいろんなスタイルをやることになるし、いろんな施術をやることになると思う。そこで、あぁ〜、今日のあの技術ダメだった、、なんで出来ないんだ。

自分へただな。もっと練習しよう。

そう思うことももちろんあっていいと思う。

ただ、1出来ないからといって10出来てない訳ではない。

 

ドーナツがあった時に、ドーナツの穴ばかり気にする人。

キレイな絵があった時に、小さな汚れを気にする人。

そこではなく、いま自分が出来ていて、自信を持てる部分を伸ばす。

必ずそこにはお客様がついているし、つくから!

 

短所を補うことももちろん必要だが、それ以上にいま自分が出来ている部分、自信を持てる部分に焦点を当てるべき。

 

 

自分の明確なウリを持っていない。

これは現段階で分かっていない人もいるかもしれないし、どう作っていいかも分からない。

という人が多いのではないかなと思う。

 

よく、カットを練習してるから、カラーを練習してるから大丈夫。

と思っている人もいるかと思う。

美容室がこれだけ多くある中で、あなたのカットのうまさ、カラーのうまさは他の美容師に比べて

どう差別化されているのか?

差別化されているのであれば、どう発信してお客様に届けているのか?

何で差別化するのか?自分のウリは何なのか?それは本当にウリと言えるのか?スタイリストなりたてだから、アシスタントだからウリは作れない?それは本当にそうなのか?

 

僕はどの段階の美容師でも必ずウリは作れると思っている。

ただ、広く受けようとしてはいけない。オールラウンダーを目指すのではなく、突出した何かをもつこと。そしてそれをまず発信すること。発信してニーズを把握して可能性があれば進む。なければ変える。

あとは、自分がずっと継続できること、好きな事を発信し続ける。

これが後からボディーブローのように効いてくるから。それを信じて進んで欲しいなと思う。

 

 

自分自身はいま何をやっているか?

東京世田谷でシェアサロンをやっている。

そこでは、自分自身のウリを作れ、そしてそれを試せる場所として活動している。

現在は、店舗としての柱作りとして、髪質改善・ヘッドスパ・物販に注力してやっている。

 

なぜこれをやっているかというと、将来の仲間がアシスタントだったとしても、スタイリストだったとしても、一度辞めてしまった人だったとしても、どんな状況からでも自身のウリを作れる環境を作るため。

 

好きな事、ウリが明確に決まっている人であれば、自身が構築しているマーケティング施策を通じて売上出せるようになるために。

 

まだ何も決まっていない人であれば、一緒に考え、作っていけて、その人が叶えたいゴールを達成するためのプロセスを明確化する。

 

努力すれば必ず夢・目標を叶える事ができる世の中にする!

このために僕は、猛スピードで走っています。

 

将来に悩んでいる人がいるならば、共に目指していきたいと思っているのでいつでも連絡していただければと思います。

みんなが目標達成出来てステキな世の中になって、みんなで宴が出来たら最高です。