微差力☆

約 1 分
微差力☆

僕が好きな本に、

微差力

と言う本がある。

 

 

微差が大差を生む

微差を追求しない人は大成出来ない

一番楽しいことはこだわる事

微差が楽しくてしょうがなくなると何でもできる

 

 

どうやったら喜んでくれるかな?

どうやったらまた来てくれるかな?

どうやったらまた会いたいと思ってもらえるかな?

どうやったらくつろいでもらえるかな?

 

 

 

 

それを考える事、すごく大事だと感じます。

 

 

 

 

ライバル店に勝つために価格競争をするのではなく、

目の前の人がどうやったら喜んでくれるかをとことんこだわり、追求すること

 

 

自分本位ではなく、お客様本位でいる事

 

 

ちょっとずつちょっとずつ変えていけばいい。

 

 

 

 

今の売上がどうか。

ではなく、

 

 

 

 

今来てもらっている人に喜んでもらっているか?

もっと喜んでもらえるにはどうすればいいか?

 

 

 

 

これを考えるのが商売であり、これに尽きると思います。

 

 

 

 

 

 

 

好きなことを仕事にしようと思って走り出したのなら、

もっと好きなことを楽しもう♫